アメリエフのブログ

Amelieff Staff Blog

「QuickGWAS」についてのご質問&回答

アメリエフ社長の山口です。

2010年9月1日にSNPデータ解析ソフト「QuickGWAS」をリリースさせていただきました。

SNPチップやシーケンサーなどから得られるSNPタイピング結果に対して、ケース・コントロール解析やQTL解析等の遺伝統計解析を行うことは容易ではありませんでしたが、「QuickGWAS」の登場によってSNPチップによるジェノタイピング結果については、Web上で簡単にデータ解析ができるようになったと自負しております。


ここで、この数日間にいただいたご質問にお答えしたいとおもいます。

Q.クラウド上での運用は、セキュリティやサーバーの場所等で心配なんだけど・・・。
A.結論から言いますと、IIJ社が運用する「IIJ GIO」というクラウドサービスを利用しているため安心です。

【参照】
IIJ(株式会社インターネットイニシアティブ)


「IIJ GIO」のご担当者様によると、サーバー自体は関西圏にあるそうです。「QuickGWAS」のお客様の大半は研究機関と想定しているのですが、IIJは歴史的に学術機関が所属するインターネット基幹網に太いパイプを持っています。

弊社自身のプロバイダーはNiftyですので、当初は通信上近いNiftyクラウドも検討したのですが、大容量のファイルを扱うためお客様からの通信環境(通信上の近さ)は妥協できないことと、サーバー運用業界の老舗であるIIJのノウハウや信頼感を重視しての決断でした。


Q.セキュリティポリシーがあるため、インターネット上にデータをアップロードすることができないのですが・・・。
A.所属機関のセキュリティポリシーで、データを一切外部に出せない研究室様のために、研究室内でクローズドな環境で動作する「QuickGWAS Offline版」もご用意しています。


Q.「QuickGWAS」で提供される解析に加えて、QTL解析やハプロタイプ解析、LD解析をしたいのですが・・・。
A.今後のバージョンアップでQTL解析やハプロタイプ解析の機能を追加予定ですが、お急ぎの場合やより深い解析をご検討の際は、弊社のSNPデータ解析受託サービスをご利用ください。


Q.年間契約ですが、利用回数の制限はあるのでしょうか。
A.同時に登録できるケース・コントロール群は3セットまでですが、ご利用回数の制限はありませんので、古い解析結果をサーバー上から削除した上で、何度でもご利用いただけます。


ご参考になりましたでしょうか。
「QuickGWAS」についてのお問い合わせはこちらになります。