アメリエフのブログ

Amelieff Staff Blog

日本古来の牛「口之島牛」全ゲノム解読

キムです。
東京農業大学名古屋大学との共同研究で、口之島牛の全ゲノムの解析が行われ論文発表されましたね。

私は口之島牛(くちのしまうし)について知らなかったのですが、
鹿児島県トカラ列島に位置する口之島に生息していて、しかも野生化しているそうです。遺伝的に西洋種の影響をうけていないと考えられます。
実際に、西洋種(ヘレフォード種)と比較すると、630万SNPsが見つかったそうです。
2008年、東京都恩賜上野動物園に一頭(7カ月のメス)寄贈されたそうなので、寿命が15年と考えると今も展示されているかも‥
今噂のパンダ以外にも、見所が増えましたね!!

データもwebで公開されています。
http://www.nodai-genome.org/bos_taurus_en.html

論文はこちらです。
Whole-genome resequencing shows numerous genes with nonsynonymous SNPs in the Japanese native cattle Kuchinoshima-Ushi