アメリエフのブログ

Amelieff Staff Blog

scp stalled

サーバー間で、データをやり取りするときによく使用するコマンドにscpがあります。
便利なコマンドなので、私も良く利用するのですが、コピーしている途中で転送速度が急激に低下し stalled という表記と共に、コピーがストップすることがあります。

原因としては、ネットワークの速度に問題がある場合が多いようですが、何度コピーを試みても落ちることもあり、なかなか不便です。

解決策がないものかと、ネットで調べていたのですが、[-l]オプションで転送速度の上限を指定すれば落ちにくくなるようです。

$ scp -l 5000 hoge.txt 192.168.0.0:/home/hoge

-l の後ろに指定する数字はKbit/s単位になります。私はこれで、落ちにくくなり、データを無事にコピーすることが出来ました。

stalledが出るときは、この方法を試してみるのもいいかもしれません。