読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリエフのブログ

Amelieff Staff Blog

Vimで不可視文字を表示させる方法

こんにちは、まだ都営三田線に乗ったことがない久保(kubor)です。

先日CentOS6.7がリリースされましたね。
個人的に、Vim7.4に対応したのが嬉しいです。
嬉しいので、VimのTipsを書かせてください。

Vimで不可視文字を表示させる方法」です。

Vimに限らず、テキストエディタでコーディングしているとタブやスペースが見えず、不安になると思います。怖いですよね。

Vimでは、~/.vimrcに以下の2行を書いて、表示させることが出来ます。
set list
set listchars=tab:»-,trail:-,nbsp:%,eol:↲

set listで、不可視文字を表示させます。
set listcharsで、表示させる(置き換える)文字を設定します。
表示文字の設定はお好みでどうぞ。

listcharsについて、項目の対応は以下です。
他にも有りますが基本的にはこの4つで十分だと思います。

  • tab:タブ文字を表示
  • trail:行末のスペースを表示
  • nbsp:ノーブレークスペースを表示
  • eol:改行を表示



余分なスペースもわかるし、タブとスペースの区別も出来て便利です。

ちなみに、一時的にこれらを非表示にしたいときは、
コマンドで対応するといいと思います。
:set nolist