アメリエフのブログ

Amelieff Staff Blog

第4回&第5回オープンセミナーを開催しました

近況

ブログではお久しぶりのkubo-mです。
先日友人に誘われて、イチゴ食べ放題のイチゴ狩りに行ってきました。イチゴってこんなにおいしいものだったのか!と感動する甘さ・みずみずしさでした。スーパーに並んでいるイチゴより熟しているので甘いということで、イチゴ狩りに行かないと食べられないおいしさのようです。たまに味気ないイチゴも混ざっていたのですが、きっとそれも畑で自らイチゴを選別するイチゴ狩りならではの醍醐味。
今年の旬はそろそろ終わりのようですが、みなさま一度はイチゴ狩りに行ってみるべきです。
f:id:kubo-m:20190423193702j:plain

本題!

最近の当ブログもシングルセルRNA解析が熱いことからおわかりいただけるとおり、ただいまアメリエフはシングルセルRNAseqに力を入れております。
先日のブログ記事でもご案内しておりましたとおり、シングルセルRNAseqに特化した内容で、2月に第4回オープンセミナー、4月に第5回オープンセミナーを実施しました。

内容は、第4回が「データ取得から情報解析まで」、第5回が「サンプル調製からデータ解析まで」で、「シングルセルRNAseq始めよっかな~」「どこから手をつけようかな~」「どういう風に使えるのかな~」とお悩みの方向けに、実験から解析までの流れをご紹介しました。

第4回オープンセミナー

東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻 メディカル情報データサイエンス分野 特任准教授 鈴木 絢子先生をお招きし、様々なシングルセル手法、シングルセルRNAseqデータを扱う上での考え方、よくあるトラブル、解析ツールなどをご紹介いただきました。
日々シングルセルRNA-seqデータ解析のことで頭を悩ませている弊社スタッフは、お話しを聞いて大変勉強になったそうです。
すでにある程度解析されている方や、実験を計画している方からは質問もたくさん飛び交い、鈴木先生には大量の解析経験に基づいた考察や回答をしていただき、皆様が日ごろの困りごとや疑問を共有・解決できる場になりました。

第5回オープンセミナー

f:id:kubo-m:20190423195639j:plain
10x Genomics社をはじめとして様々なシングルセルRNAseqにかかわる企業様にご参加いただき、初めてシングルセルRNAseqを始められる方向けに、サンプルの用意や調製で留意すること、新しい試薬で得られるデータに関する説明を行っていただきました。RNAseqだけでなく、新しいアプリケーションについても簡単ですがお話ししていただきました。
普段のdry解析の仕事ではあまり触れられないwet寄りの話が聞けたり、参加者の皆様からも実験に即した質問があったりして、貴重な体験となりました。
シングルセルRNAseq解析を始めてみたいなーと考えているWet参加者にとっても、非常に有意義だったのではないでしょうか。

今後

2回連続でシングルセルRNAseqに特化したオープンセミナーでしたが、今後も皆様の日頃の関心ごとにキャッチアップできるセミナーを開催していきます。
前回開催から少し間が空きましたが、勉強会も計画されていると風の噂に聞いておりますので、ご期待ください。

余談1

久しぶりにブログを書いてみたら、あまりにも淡々とした記事になって驚きましたが、過去の記事を見返してもだいたいこんな感じでした。自分らしさを貫いて淡々とした記事のまま公開します。

余談2

弊社の山口は、シングルセルRNAseq解析ツールのSeuratの紹介の際に「インドみたいな名前」と申しておりましたが、その直後にポーラ美術館に行き、フランス人画家の名前だったことに気づいたそうです。