アメリエフのブログ

Amelieff Staff Blog

お手軽!「上手い文章」お役立ち本

こんにちは。「自分の知識や主張を、知らない人に説明する」ということに学生時代から四苦八苦しているmiyatakeyです。 極めようとすれば一生モノのこのテーマ、お悩みの方は多いのではないでしょうか。 今回はそんな人々で上達法を共有すべく、私の思うお役立ち本のご紹介です。

とは言っても特定の本ではありません。 私がお薦めしたいのは、高校の教科書です。できれば嫌いな教科の。

実は私、中高の教員免許を取っています。その際大学で教科書をたくさん読み漁っていた経験から、教科書は文章のお手本に最適と確信しています。なぜか? 最大多数の初学者に理解させられる説明の宝庫だからです。なんでしたらこれまたわかりやすい図解の宝庫でもあります。

教科書というのは大抵、その道の第一線にいらっしゃる方が書かれています。正しく・わかりやすく・誤解を与えずに説明することに慣れた方々の文章です。 それをお手本にしない手はないのではないでしょうか。 嫌いな教科が良いと言ったのは、好きな教科よりニュートラルな立場で分析できるからです。好きな教科だと(文章の上手下手にかかわらず)進んで解読してしまいますよね。

教科書なら既に手元にありますので、新しく本を買ったが自分に合っておらずお金がもったいなかった、なんてこととは無縁です。 なのである意味ダメでもともと。高校時代の思い出に浸るついでに、新しい視点で読み返すのも楽しいのではないでしょうか。