アメリエフのブログ

Amelieff Staff Blog

Dockerとストレージと私


Docker🐳始めました、iijm-lです🌻


    _人人人人人人人人人人人人人人_
💻 🍎 > ストレージが圧迫しています! <
     ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


🌻「...............🙃?」

ストレージ圧迫事件、発生!

なんだか最近ストレージがすぐいっぱいになってしまうんですよね。
困った......そんなに大きなファイルをダウンロードした覚えはないのに......🥺

とりあえず、ストレージを確認します。

f:id:iijm-l:20200623114927p:plain
このMacについて>ストレージ

かなり満杯です、なぜ......。
これではいずれスペースが0になるので、仕方なく原因究明と掃除をします🧹💫
f:id:iijm-l:20200806110305p:plain
ゴミはゴミ箱へ!

容量が大きなファイルを見つけたい


🌻「前に使ったFASTAファイル(ゲノム配列データ)とかが原因かな......?」

ということで、容量が大きいファイルに限定して探すことに。


🌻「う〜ん、どうやって探そう?
  容量が大きい順にファイルを表示する方法、ないかな〜」

調べると、Finder スマートフォルダ でできるみたいです!早速やってみましょう!

  1. DockerからFinder をクリックし、画面上部のメニューバーの「ファイル」>「新規スマートフォルダ」をクリックします。
    f:id:iijm-l:20200623134218p:plain


  2. 新規スマートフォルダの右にある「+」ボタンをクリックします。
    f:id:iijm-l:20200623135053p:plain


  3. 検索したい条件を入力します。すると、その条件に合ったファイルを閲覧することができます。
    今回は、「ファイルサイズが3GBより大きい」で検索します🔎 f:id:iijm-l:20200623153224p:plain

すると、なんと56GBもあるファイルが見つかりました。

🌻「......っ!!まさかそんなっ.....。犯人はDockerちゃんだったの......?」
🐳「............」


Docker.rawの正体


この大容量ファイルの正体は、どうやらDockerコンテナを作成するために必要な仮想環境のデータでした。

将来作られるであろうまだ見ぬコンテナのために、広〜〜いスペースを確保してくれているのです。必要なファイルなので削除できないですね...。おそらく削除してもまた作成されるでしょう。

とにかく今はDockerにそんなにスペースを割くわけにいかないので、このファイルのサイズをなんとかしましょう。


🌻「それにしても56GBは大きすぎだよ!
  Dockerちゃん、もうちょっとコンパクトにならないの〜?」
🐳「.........!」


1. Dockerの環境設定を変更します。
画面右上の🐳マークから、「Preferences」をクリックします。
f:id:iijm-l:20200623160830p:plain

  1. 開いた「Preferences」ウィンドウの「Disk Image Size」を、任意のサイズに設定し、「Apply & Restart」ボタンをクリックします。
    この設定が、Dockerが立ち上げる仮想環境のサイズを決定しているのです。
    今回は、8GBまで下げちゃいます。
    f:id:iijm-l:20200623124319p:plain
    Dockerの設定画面


さあ、小さくなったでしょうか...?

f:id:iijm-l:20200623162740p:plain

🌻「やった〜!56GBから8GBになった!」

f:id:iijm-l:20200623120505p:plain
このMacについて>ストレージ

事件、無事解決💡

ついでにいらない書類も削除しました。
随分スッキリしましたね!良かった😊

🌻「これからも仲良くしようね、Dockerちゃん!」
🐳「............」